新規契約アスリートのご紹介

契約アスリート紹介

株式会社ランプラスはこのたび相原千尋選手と契約致しました。

小学5年生から大学1年まで陸上の長距離種目、大学2年から大学在学中はトライアスロンに転向。
トレイルランは、大学の頃怪我をしていた時に順位のつかない大会をたまたま見つけてリハビリのつもりで走ったことが始まりで、それが山を走る楽しさを知ったきっかけだったそうです。

まだ山のレースは経験が少ないですが(なので写真も少ない(笑))、レースに出れば結果は付いてくると思います。

でもランプラスが望むのは結果や周りの期待などは気にせず思いっきり楽しんで走って欲しい。
本人にもそう伝えています。

夢を持ってがんばっている若者を応援したい。ただそれだけです。
みなさまもぜひ相原選手の応援よろしくお願い致します!

相原千尋(あいばら ちひろ)

競技歴
ランニング:18年
トライアスロン:6年

最近の戦歴
2017年 はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会 個人の部 優勝
2018年 防府読売マラソン3位(2時間48分09秒 自己ベスト)
2019年 可部連山トレイルランinあさきた ロング 優勝

【本人コメント】
社会人になってからはこれまで不完全燃焼に終わってしまったランニング競技にもう一度挑戦したいと思いと、もともと山を走るのが大好きだったということで、トレイルランニングを本格的に始めました。
これからはトレイルランニング、スカイランニングの舞台で世界で戦える選手を目指して頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました