UTMF2022結果報告

レース結果報告

(長文です。お時間ある時に吞みながら読んでください。)

先日はお休みをいただき、ありがとうございました。

UTMF2022の結果は、33時間29分46秒、UTMF男子1,579人中430位でした。

前日までの雨のため、登山道への影響を考慮し、UTMFの醍醐味とも言える天子山地がカットされました。
残念でしたがUTMFは今後も続きますし、大会として賢明な判断だったと思います。
という事で、個人的に嫌いなロード区間が元々多いレースですが、更にロードが増えましたw

30時間切りを目標にしていたので、天子山地の無いUTMFでこのタイムは惨敗と言わざるを得ません。
ここからはレースを振り返ってみます。


4月21日 木曜日の朝8時頃、広島を出発しました。

助田さんが車を出してくれて、柏原くんとRuntreeの森長さんと4人で行きました。

途中、新名神分岐で高速道路をロストw
一度高速を降りたついでに昼メシ。

レース前日の食事はとても大切です。
とてもコッテリしたシシ丼(イノシシ)をみんなでいただきました。美味かった。

10時間ほどで富士急ハイランド到着。
前日受付を19時半からにしていたので先にホテルにチェックインしてご飯を食べる事に。

レース前日の食事はとても大切です。
中華料理店で、とてもコッテリした野菜炒め定食をいただきました。美味かった。

ベスパ齋藤さんに前日繊維質を取るなと言われた事を食べた後思い出しました。繊維たっぷりですw

受付は富士急ハイランドコニファーフォレスト。初めて行くので行き方がよく分かりません。
右往左往してるとスタッフらしき人がいたので柏原くんが道を尋ねると、その人はなんと鏑木さんw

とても優しく道を教えてくれました。

受付時、雨が降っていたのですが、それはそれでちょっと幻想的で良かったです。
オッサン4人だったのが残念ですが(笑)

今回は関係者全員抗原検査があります。ここで陽性ならそのまま広島に帰らなくてはいけません。

ドキドキ…












陰性!
良かった!

必携品チェックも終わり、エキスポもほぼ閉店してたのでホテルに帰って準備して23時ぐらいに就寝。

翌朝5時ぐらいに目が覚めてしまい、そこからはやはりレースの事を考えると寝れなかったです。
まあ6時間寝たら問題なし。

個人的に100マイルレースで一番辛いのは眠気です。目を閉じているだけでも違うので、
皆さんも寝れなくても出来るだけ横になって目を閉じる事をオススメします。

8時ぐらいまでベッドで目を閉じていましたが、さすがにソワソワしてきて起きました。

今日は富士山バッチリ見えます!

スタート会場の「富士山こどもの国」へはコニファーフォレストから事前予約していたアクセスバスで移動です。

ここで森長さんが事前予約に失敗している事が判明w
タクシー代なんぼかかるねんw

でもさすがUTMF。
それを見越して余裕を持ってバスの台数を手配していました。
僕たちは常に鏑木さんの手の上で転がされているのです。

森長さんもその場で3,500円払い最終のバスで無事こどもの国到着。
まずはドロップバッグを預けます。

ここからはUTMFの地図と高低図を見ながら読んでいただければイメージしやすいかもです。
コースマップ→https://www.ultratrailmtfuji.com/racers/course/

歩いてスタート地点へ。

おおー、流石にテンション上がってきます!

セレモニーが終わり、第1ウェーブスタート!
今回コロナ対策として一斉スタートではなく15分間隔を開けて4回スタートがあります。

僕は第2ウェーブでした。

渋滞も緩和されるし、今後もウェーブスタート続けていいかも。と個人的には思います。

天子山地カットの影響でスタート時間も1時間後ろにずれて第2ウェーブ15時45分スタート!
しばらくは下り基調のロードや林道が多い区間。

ウェーブスタートとは言え、プチ渋滞はやはりあります。
ここもUTMF名物、鉄塔下の直線。地図上では直線ですが、細かいアップダウンを繰り返します。

レース序盤はできるだけ心拍を抑えて行こうと思っていたけど、ゆっくり走ってるのに中々心拍が落ちない。

エイドステーションU1富士宮到着。

(U1 / IN 2:25’28 / OUT 2:30’45 / STAY 5’17)

この辺は荒二井さんと一緒でした。
荒二井さんの大好物バナナを食べて水分補給してヘッドランプの準備をして出発。

ここから本来なら天子山地へ登るのですが、それが無いので嫌いな林道とロード。これで脚を削られました。

でも一つだけ嬉しい事が。
ここで鏑木さんに抜かされたのです。
今回UTMFを立ち上げた鏑木さんが初めてUTMFを走ると言う事で、一緒に走れるのを楽しみにしていました。

その時は鏑木さんファンのような人がピッタリ付いて走っていたので鏑木さんと話す事は無かったですが、
その後ろ姿は100マイルはこうやって走るんだよと背中で語ってくれているようでした。

500mぐらいしか付いて行けなかったけど、貴重な体験をさせていただきました。

鏑木さんに付いて走った事もあり、U2麓に着く頃には脚はほぼ売り切れ(笑)

(U2/ IN 5:28’22 / OUT 5:35’07 / STAY 6’45)

麓では富士宮焼きそばがあるのですが、大福もちの方が食べたかったのでコーヒーと共にいただき出発。

この辺りから歩く時間が長くなってきました。ちょっとした登りでも完全に歩いてましたね。
まあ歩いても進むのでボチボチ行きます。

U3本栖湖U4精進湖あたりは真夜中で、眠くは無かったのですがあまり覚えていません。

(U3 / 7:34’57)

(U4/ IN 10:07’57 / OUT 10:15’47 / STAY 7’50)

山根さんにお会いしたのは覚えてます。
脚は終わってたので完全に開き直ってヘラヘラしてたような気がしますw

夜明け前の富士山です。
月とともに、めちゃめちゃ綺麗でした。

これは夜明けの河口湖町。

次のエイドはU5富士急ハイランド。ここはドロップバッグポイントです。

(U5 / IN 14:28’09 / OUT 15:04’14 / STAY 36’05)

ここでザックをノースフェイスTR10からサロモンADV SKIN 12に変更。中身を全部入れ替えます。
理由は前面に入れてた塩タブレットが肋骨に当たって痛かったから。

前回のUTMF2019で二重曲峠(約130km)まで行った時と同じザックで、
その時は何とも無かったんだけどなーと思いながら。

本当に100マイルは何があるか分からないので、ドロップバッグにはちょっとでも気になるなら全部入れておくべきです。

シューズは天子山地カットのため、後半投入予定だったローンピーク6を最初から履いてました。
ドロップバッグに前半履く予定だったKING MT 1.5を入れてたけど、そのままローンピークで。

本当はワラーチで走りたかったけど2月にロードの下りで肉離れやってしまって、今回は断念しました。

ソックスを5本指から足袋型に変えたけど、趾の又に違和感がありまた5本指に戻す。

絶対暑くなるのでTシャツからノースリーブに変更。finetrackドライレイヤーもBASICからCOOLに。

そんな事してたら40分近く経過w

ここからU6忍野までが日陰のないロードが多く、めちゃくちゃ暑かったです。

レース1週間前から暑くなる事を想定して、毎日42度のお風呂にゆっくり浸かるようにしてました。

そのおかげもあって、何とか熱中症にもならずに済みましたが、結構キツそうな選手が多かったですし、
実際熱中症になった方も多かったと聞きました。

ゼンニュートリションの塩梅水(あんばいすい)を今回は8袋使いました。
熱中症対策には水と塩です。

(U6 / IN 18:38’46 / OUT 18:46’36 / STAY 7’50)

U6忍野を出ても暑さは続きます。

今回のUTMFは常に富士山を見ながら走る事ができました。地元の人もこんな事は珍しいと言ってたくらい。